白装束を作りたいと思ったきっかけ①

白装束を作りたいと思ってました。

きっかけは、利家とまつのドラマを見て。まつが利家に死装束を縫う場面。
死の準備をする、そのことを会話する、って...ぬるい現代からはきっと想像出来ない気持ち
濃密な想い。
信頼と覚悟がないとできないと思う。

たくさんの人を殺した利家のあの世での処遇を案じて、まつが一人縫う。
普通は忌が掛からないように大勢で縫うところを。

死を怖れる気持ちより、一緒に逝きたいくらいの、愛情。があるから、の行為。
それに応える利家。そんなもの要らぬ、後からおまえが持って来いと。。
"粋"じゃないですか…!

死を思い準備することは縁起でもない…
それを超えてる愛があるから、想いを込めてカタチにする。

生死と隣り合わせに生きる常だからこそ、愛に覚悟が秘められていて。
美しいという言葉には、生死と密着してエロスに通じる原始の生命力があると思う。

武士道は、武士道を体現する女の愛に支えられてもいるのだなと思いました。

f0367148_22141464.jpg

f0367148_22141463.jpg

常識を基準に考えて行動するより
まごころ、大切にするものを真ん中に考えて行動するのが、自分らしく生きることになるなって思いました。
常識って、常に変わる。
自分の気持ちに正直に、が、魂を豊かにすると思う。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 終活・エンディングノートへ
にほんブログ村あなたの運勢が巻きあがりますように⤴
by serene44 | 2016-07-08 23:21 | 終活 | Comments(0)

終活から始める開運道、魂の幸せを生きるために。