白装束を作りたいと思ったきっかけ③

いつか作りたい、から、今作りたいと思ったきっかけは、昔は死装束に麻を使っていた話しをしていたとき。

昭和天皇の崩御、大喪の礼でお召しになった装束は、南砺市福光の麻だとのこと。
麻は古来から生活に深い関わりがあり、神衣としても使われ、神事に於いて重要な神聖な役割を担って来ているそう。

白装束、身近なところで作られていた麻のように、日本人らしいもので作れたら素敵。
伝統の中にある、見送るときの、思いをカタチにした文化を、忘れ去りたくない、との思いが込み上げました。

自分で作りたいと思ったけど和裁の知識もないし、素人でも簡単に作ることが出来たらと考えました。
大切な人への最後のプレゼント、手をかけて思いを込めて贈りたい。

手をかけることで、あったかい気持ちを感じてほしいから。心込めて、おくりたい。

f0367148_00064777.jpg

ばあちゃんに枕カバー、般若心経を縫った。

f0367148_22182729.jpg

お蚕さんの前で話していて。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 終活・エンディングノートへ
にほんブログ村あなたの運勢が巻きあがりますように⤴
by serene44 | 2016-07-10 15:56 | 終活 | Comments(0)

終活から始める開運道、魂の幸せを生きるために。