振り返って…アナログだった昭和

小学校のとき、父親がインベーダーゲームを買ってきた!ビデオのレンタルも始まった。
たんぼの遊びからちょっと現代ちっくデビューw近所の友達みんなで一緒に楽しかった(^^)
1人で楽しいーのは、漫画や本。伊賀のカバ丸は大好きだった。やっぱり昔から忍者?ものは好きー。焼きそばも大好き!

インターネットとか無いし、知識は友達や先輩とか?めちゃアナログ。
公民館に上級生男子が女子を集めてセッ○○とは云々レクチャー...マジかーって感じでしたがほのぼのしてましたw

中学になるといろいろ興味深々で「みんなあげちゃう」のマンガをみんなで回し読みw男子とかわらんw
今死んだら何に後悔する?…死ぬ前にセッ○○してみたいよねーって、友達と会話したりしてましたねw

シーモネーターな基礎は、その時代に培われたのかもw
小説や洋楽もブームで、赤川次郎はみんなで回し読み。情景描写が好きだったな。映画が趣味なのを後で知って納得。

高校時代はCDのレンタルが始まり、ロックでびゅー。スティングはその頃からのファン♡今も現役が嬉しい。
図書館で借りるより、おこずかいやりくりして買って読むほうが好きで。寝る間際まで読書。
うちは父親の「寝るかぁ」の一言で一家一斉就寝。私は趣味で10時間くらい寝てたかも。

高校のときの人気デートスポットは、小丸山公園。喫茶店とか不良な時代だったしw
ケータイとか無いから、ドキドキして電話してた黒電話。親同士も知ってて、ひみつってむつかしー時代だった。
失恋したときはワンコのエリーの前で泣いた。

風と共に去りぬ、のスカーレットがかっこいい。だから私もがんばるぞって。。
進路は好きな人と違う方向を選びたくなかったのと、特にこだわりなかったから公務員を選択。東京には憧れたけど、地元で良かったかなって、振り返って思う。超方向音痴だし。実はかっこつけてたけど親に甘えてた甘えんぼな私だったし。

ばあちゃんがいて、家族がいて。
そんな、なんでもない日々が幸せなこと、振り返って確かめるんだな…って、無くしてから、思う。
いつも冗談を言ってた父の笑い声、思い出す。

f0367148_22301130.jpg

会社の窓からの眺め。柿の木がアクセント♪
富山は雪解けたかーって、からかった父の笑顔が浮かぶ。
f0367148_22301139.jpg

七尾の港。父の実家のそば。昔は泳いでいたらしい海!

景色、情景って、今は失われてても、瞼の裏に残ってて。
死ぬ前に思い出す風景は、どんなだろ。走馬灯のように、映画のエンドロールのように、場面とキャストが流れるんだろうか。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 終活・エンディングノートへ
にほんブログ村あなたの運勢が巻きあがりますように⤴
[PR]
by serene44 | 2016-07-12 23:49 | 終活 | Comments(0)

終活から始める開運道、魂の幸せを生きるために。