属するのは苦手。1人の私。

1人で行動するのがおっくうでなく、気楽なほう♪私らしくいられる。
同級生から、よく一人でいるのみたけどって言われた。つるまない私。
登下校時に誰かとって、ちょっとめんどくさい。自分のペースがいい(*^_^*)

友達と会うときは一対一が好きかなー。ちゃんと話しできるから。
複数だと、話しの面白い誰かに話題が偏る、になりがちじゃない?
さらっとした会話の中に、深い話しを織り込めるような、って向き合う会話かなぁ。

1人でいても、心でつながれると思う。心の中で話しかける感じ、かな。
つらいときとかは、今ね、がんばってる。私がんばれるよって、心で話してる。
あれから大丈夫かな。がんばってるよね、きっと。祈ってるよって、心で語りかけたり。

いろいろ乗り越えたとき、あの時はたいへんだったね、って、笑って話しながら。。
そんな光景を思いながら、会えない時間を超えて。会えたときはそれだけでいいような、感じあるかも。
1人自分の領域で、為すべきことを全うしながら、がいい。

仲間が心地よい人は、仲間の輪の中での自分の役割があり。自分らしくって、自分が心地よいスタンスでいることって思う。
「仲間と一緒にいる」と安心感に緩くなりがち、私は「1人」の寄り集まりの「友達」が心地よいかなぁ。
それぞれの立ち位置で、がんばってる感じが好き。1/10ではなく、1×10がいいな。

大切な人を想う真心、想いをカタチにして届けられたらと思う。
贈るのは、時間。あなたを想って費やした「とき」には尊い「まごころ」がつまっている、って思います。時間って、生きる「いのち」そのものですよね。

手間をかけて作るものに、宿る「まごころ」

f0367148_23512551.jpg

サムハラ奥の院の奥にある、謎の展望台。
f0367148_23512524.jpg

ずっと行きたかったサムハラ奥宮。
謎のサムハラ神社、参拝できたことに感謝。
f0367148_23512515.jpg

じいちゃんと一緒にいた、タロウ。

生まれてくるときも一人、死ぬときも一人。
でも、こころって一人じゃないよね。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 終活・エンディングノートへ
にほんブログ村あなたの運勢が巻きあがりますように⤴
by serene44 | 2016-07-19 22:59 | 終活 | Comments(0)

終活から始める開運道、魂の幸せを生きるために。