さよならは、別れじゃない

いろんな、さよならの場面があるけど、この世で会えなくなるのが一番衝撃ですね。
伝えられない、伝えてもらえない。。
目に見えないから、わからないから。

でも、生きてても、心って見えないから、言葉や仕草やいろいろで読み取りますね。
この世から、あの世に切り替わっても、基本は変わらないと思うんです。
コミュニケーションとりたい!と願っているか否か、が一番鍵だと思うから。

ていうか、この世でのコミュニケーションの方が、ズレがあるかもしれない〜w
あの世の場合、偽りない心が通じるだろうから、本当の心の交流できるんじゃないかなぁ。

愛する人のことは、興味深く注意深く意識を傾けますよね。
わかりたい、感じたい、魂をそばに感じて寄り添いたい、から。

想いって、通じるし、キャッチできるって、感覚。自分の中で感じられるようになっていくのだと思う。
たぶん、自分の心の声を敏感に感じ取れるのと同じように。

ものごとって、なんでもルールがあって。
触れる機会が多いほど、それは自分のものに馴染んで一体化していくのだと思う。
遠かったものが、気がついたら、自分の当たり前になってる。
経験の蓄積。求める心。続ける想いは、愛。

いろんな出会いと別れがあり、まだそれは手の中にある今このとき。
別れてもまた新たに再会したり、関係は生きてる限り変化を続けるけれど。
この世からの別れは、幕の一区切り、次の幕までの間合いは、見え方が変わるとき。

次の幕は、わからない。今の幕が永遠に続くわけじゃないのは知ってるけど。
終わりがあることちゃんと意識する方が、今を大切にできると思う。
別れは終わりじゃなくて、関係が変化していくことかな。
想いは、濃くなるかもしれないし、薄くなるかは、今の関係が作るんだと思う。

今、まだ遠い別れの日を想うと、今日という日の素晴らしさが、大切な1日なんだと、
今日の愛しさが濃く迫り。今の想いを大切に包む。
心を包んで贈ること、別れの贈り物を作ることで、今の気持ちを抱きしめたくなりませんか?

f0367148_00193171.jpg

雨の日って、あの世が優しく近くに感じられる気がする、かも(*^^*)
にほんブログ村 シニア日記ブログ 終活・エンディングノートへ
にほんブログ村あなたの運勢が巻きあがりますように⤴
[PR]
Commented by asadacocoro at 2016-08-01 19:48
人生の旅立ちをより良い思い出にすることで
いつまでも心に残る温もりを
届けられたら良いですね
Commented by serene44 at 2016-08-01 23:01
コメントありがとうございます(*^^*)
温もり感じる思い出って、心に温もり残りますね。
by serene44 | 2016-07-26 23:37 | 終活 | Comments(2)

終活から始める開運道、魂の幸せを生きるために。