ゲートウェイ…門の向こうに続く道

お盆が近くなるこの時節。夏祭りや花火が闇夜を明るくし、華やぐ。
鎮魂。心躍ることに、魂が鎮められるの、かな。
美しいもの、美しい調べに、あの世の魂のみならず、この世の私たちも心癒されますね。

"間"
美しいと感じさせるものには、"無"を感じさせるような"間"があるよう。
そこに、余韻を感じて、吸い込まれるみたいな、思考の波が停止する体験。

"無い"ことって、気持ちいいんですよね。
"ある"が、ごちゃごちゃして、ノビノビしない。

生まれたときには、さっぱりして"無"からスタートして、生の終わりに向い"無"に還られる?
いっぱい、いろいろくっつけたまんまかな?
どっちも、良い悪いとかじゃないけど、あら〜いっぱいあるわぁ〜とか、認識してたいかも。

死は、終わりではなく、次に続く「門」。
扉の向こうに続く道をルンルンでステップ踏むには、軽やかで、いなくちゃね。
カラダもココロも、軽やかに⤴︎

この世に入門して、あの世に旅立つときにくぐる門は、出る門…「門出」
f0367148_01012474.jpg

右下に、鳥さんがキュイーンと翼広げて飛んでるの、気持ち良さそう〜♪
風に乗って、軽やかで無心で、見てる者も感化される感じ。

f0367148_01121491.jpg

ゆらゆら、風のままに、たおやかに。
抵抗ない姿って、美しいですね。力みなく脱力感って、しなやかな強さ感じる。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 終活・エンディングノートへ
にほんブログ村あなたの運勢が巻きあがりますように⤴
Commented by ことばの音の種 at 2016-08-13 19:17 x
「美しいと感じさせるものには、"無"を感じさせるような"間"があるよう」

僕が「美しいもの」に出会ったときに無意識に感じていたことです。
Commented by serene44 at 2016-08-14 00:53
ことばの音の種さん、ありがとうございます(*^^*)
ことばの音の種さんという響きからも、美しい、ひずみの無い静かな熱を感じます。喜びの躍動。
美しいに気づくこと、幸せ探しみたいですね(*^^*)
by serene44 | 2016-08-08 00:08 | 終活 | Comments(2)

終活から始める開運道、魂の幸せを生きるために。