魂のふるさとへ

ふるさと。ありますか?
思い浮かべる、心のふるさとはどこですか?
帰るところがない、と思ってる人もみな、魂のふるさとがあります。

ふるさと。で、思い浮かぶのは?
おふくろ、母を感じるところ、ではないでしょうか。
お袋、というように「包まれる」安心感、「包み込む」安心感だと、思います。
男性は包まれることに安心感を抱くのでは?女性は包み込むことで、満たされると思います。

素肌の心、で感じるのは?
心地よい、手のぬくもりを感じた五感の記憶。
母の手。

魂が喜ぶことは、人の喜びを作れたとき。
そして、自分のこと大切にしてるとき。
これって相反するのではなく、両立してるとき。
自分を大切にするって、自己中じゃなくて、己の本分を全うすることが即ち他をも幸せにしてるとき、なんだと思います。

母の手。
愛の手、ですね。
あなたの手を使って、大切な人にぬくもりをプレゼントする。
そのお手伝いをできればと願い、想いを形にするもの作っているところです。
"もの"をつくることから"体験"が生まれると信じてます。

魂のふるさとへ還るときの、愛の贈り物。

f0367148_01143578.jpg

満開の向日葵畑。
ふるさとの優しい風景。

f0367148_01143656.jpg

稲の花が咲いてます。
なんか、ホッとしますね(*^^*)
f0367148_01340141.jpg

にほんブログ村 シニア日記ブログ 終活・エンディングノートへ
にほんブログ村あなたの運勢が巻きあがりますように⤴
by serene44 | 2016-08-11 00:33 | 終活 | Comments(0)

終活から始める開運道、魂の幸せを生きるために。