なんで終活??ーほ

特になりたい職業があるわけではなかったけど、なりたくない職業はありました。
理系なのに、医療関係はイヤ。なんか…辛気臭いの苦手で…愛がないですね。
教師も抵抗ある。…女教師って上から目線になりそうで、私KYだから心配だった。
進学しないと決めて、県職員の試験受けようと思ってから、試験日までひと月ほど。

戦略てきに短期間で攻める。兄が使ってた過去問を持ってた同級生から借りて、文系の教科書を同級生から借りて、頭を試験慣れさせて。
人事部に手紙も出した。試験に落ちた場合、臨時職員に雇って貰いたい旨。。
まさかの返事のハガキを頂きました。「頑張れば道は拓けます。」そのことを胸に集中しました。
近所の人に後で聞いたところ、優秀な成績で合格だったと。だって努力したし。

卒業後、地元に配属され。研修に行って小耳に挟んだこと…採用のコード番号、若い数字のが良い?とこに配属?
ふ〜ん…仕事に優劣?世間一般ではそんな感覚がスタンダードなのかな?新鮮。
お茶汲み一つとっても、先輩は素晴らしい配慮があってカッコいいし、プロ、私は何してもヒヨッコ。
何もかもが新鮮で、私は未熟で無作法なことを知った。アルバイトさえしたこと無くて超世間知らず。

地元でも皆が憧れるとこに配属されたみたいで。メンバーは私以外、素晴らしい方々。
転職しての方もいたり、いわゆる公務員ぽい精神の人はいなくて、自分を律していた。
愛が深くて、こんな私のこと家族のように思い遣っていただき、言葉に尽くせないお世話になりました。

公務員て色んなところに転勤するのが普通な中、福祉一本の方がいて。
自分は採用されたら、一つの道を志したいと思って、初心を貫いてきたそう。
霞ヶ関で彼の名を知らない人はモグリ。

そんなことできるのに、驚きで。道は自分が作っていくんだなと思いました。
業務課の人、業者からの付け届けを、自腹で返送してた。ま、いっかと受け取る人が多いと思う中。
みんな教養も深く、良識派で人徳もあり、憧れの先輩方。仕事をさせて頂くって、新鮮で楽しく、自分の愚かさにも気づかされる日々。無邪気で傲慢、雑な私。

人の気持ちの有り難さ、まだ身に染みてなくて、振り返ったとき、なんてお世話になってたんだろうと深く思いました。
受けるばかりで、返していけてない…。生きてる間に、感謝の気持ちを、返していきたい。

職場の先輩方、親戚の方々、目上の人から沢山若い頃受けたご恩に応えていくには?
恩送り、という言葉があります。
次の人たちに還す…送るは贈ること。繋げていくことが、循環になるのかも。
自分に出来る精一杯を尽くしていくこと。終活って、感謝を世に還していくことなんだと思います。

f0367148_09004201.jpg

七尾湾。内海だから波穏やか。野生イルカが棲みついてる北限だそう。
f0367148_09473458.jpg

懐かしい風景、ハゾ。今も胸に記憶されている風景。記憶って、場所に宿るらしいですね。蘇る、記憶の中の風景と感情。

↓なんで終活??エピソード↓(*^^*)
なんで終活??ーに
にほんブログ村 シニア日記ブログ 終活・エンディングノートへ
にほんブログ村あなたの運勢が巻きあがりますように⤴幸運につつまれますように♡
Commented by imanisis28 at 2016-09-11 18:07
地球で生まれた人、地球にやってきた人
地球で生まれた人は愛国心が強いようです
地球にやってきた人は特別な気持ちはなく
何かを求める人が多く、変わり者と見られやすい
地球と言う星の目的、その目的の仕組み
調理なら地球にやってきた人は完成時に一味加味するような存在です
ともちんさんはそういう存在かも知れません




Commented by serene44 at 2016-09-11 23:38
ありがとうございます(*^^*)
身内に一番、変わってる!と言われます笑
なんだか歳をとっても、いつまでも地球初心者みたいに慣れない気持ちあるんです。。発達障害⁈と思えたり(^^;;
そこは仕方ないですが、自分なりに自分の役割を果たしていけるよう、心していきます!
心強い、愛の言葉に感謝しますm(__)m
by serene44 | 2016-09-11 08:14 | 終活 | Comments(2)

終活から始める開運道、魂の幸せを生きるために。