なんで終活??ーわ

名前は自分で決められないって思ってましたが、実は生まれる前に、自分に相応しい「音」を、親にインスピレーションとして伝えるそうです。
私の名前、字画を考えて付けたと聞きました。
旧姓での名前も結婚後も、仕事で成功する字画なんです。…女の子なのに?と、ちょっと不思議でした。

お祭りのときって、親戚や父の友人が家に来て宴会が恒例で、お互い行ったり来たりして。
まだ子供の頃、おじちゃんに知ちゃんはずっとキャリアウーマンになるな、みたいなこと言われ。女らしくないってこと?と疑問でしたが、専業主婦とは無縁な運命のよう。

女性誌よりも経済誌に興味あるし、昔は子供が出来たらいいなぁと思ってた頃は、先ずは母体の健康でしょ、てきな興味でした。生命体としての学習過程に興味あり、七田眞さんの本をよく読みました。
そしていつか愛する人に先立たれたらあの世を探求だ、絶対!って思ってました。

死に方の理想は"マハーサマディ"(=即身成仏)。
ぼちぼち向こうに還るときが来たわぁ〜と言って、何か笑いを残して去れたなら最高。
萩本欽一さんの「負けるが勝ち、勝ち、勝ち!」には、欽ちゃんなりの、お茶目な死に方を考えていることが書かれてあり、素敵!欽ちゃんって、本当に優しい。

振り返ると、私は親不孝で。
結婚式の花嫁の手紙は照れ臭くて外したのに、皆さんへの感謝の言葉は短く述べて。。
嫁ぐ日にも、きちんと感謝の言葉も述べず。。
なんだかよそよそしいような、照れくさいような、嫁いでも娘には変わりないって思いや。。言葉にしなくても、わかってるよね、なんて甘えもあり、オトナ未満な私。

結婚後、本籍は出身地が消されて、ルーツが消された感じの寂しさがありました。
式の後、帰る家は両親の元じゃないんだ…そう実感すると寂しさが襲ってきて飛行機で涙してしまい。主人には申し訳ない、びっくりさせた思い出です。自分でもこんなに甘えてたんだなーって発見でした。
でも去る方より去られた両親の方がどれだけ寂しかっただろうか…父は結婚式の間、目をそらせたまま。

知らない土地のご近所さんは優しくて、仕事帰りに「こんばんは」と挨拶すると「おかえり」と言ってくれ。あったかかった。
お義母さんも優しくて。怖い夢でお義母さん助けてと頼る私、ここでも甘えてました。
父の名も義母の名も"まさみ"私のそばにはいつもまさみさんがいてくれてる。

過ごしてきた年月のぶんだけ思い出は紡がれ、忘れていく記憶と、残る印象と。
そんな中、お蚕さんの姿を見ながら、昭和天皇の麻の白装束の話しをしていた後に、ムクムクと、気持ちが湧いてきました。
私、白装束を作りたい、と。
今振り返っても、ちょっと不思議ですね。お蚕さんが結んでくれた縁。

f0367148_00545059.jpg

f0367148_00545041.jpg

ずっと、愛情を受けた人に甘えてばかりの私。
愛情に応えるために、私は私のできることでがんばっていこうと、心に決め。
…と言いつつ、まだまだ頼り、甘えのある私。
受けるばかりのバランス、これから正していかなくちゃ。

↓なんで終活??エピソード↓(*^^*)
なんで終活??ーい(ナゼナゼハンター)
なんで終活??ーろ(霊界探究心深まる)
なんで終活??ーは(現世に悩む思春期)
なんで終活??ーに(ルーツを探求する)
なんで終活??ーほ(恩おくり、感謝で)
なんで終活??ーへ(今世をどう生きる)
なんで終活??ーと(元気で生きて死ぬ)
なんで終活??ーち(いのちをいただく)
なんで終活??ーり(別れからの出会い)
なんで終活??ーぬ(心の眼を見開いて)
なんで終活??ーる(その人らしく去る)
なんで終活??ーを(今目を覚ますとき)

親は選べないと言いますが、私たちは両親を選んで生まれる。人生の青写真も。
私は私の人生を積極果敢に生きよう。
松井知子
にほんブログ村 シニア日記ブログ 終活・エンディングノートへ
にほんブログ村あなたの運勢が巻きあがりますように⤴幸運につつまれますように♡

Commented by imanisis28 at 2016-09-19 11:33
違った環境で生まれ、出会い、人生を共にする
「嫁に行くのではなく、本来の場所に帰る」とも言われます
「子は授かりもの」と言われ、「預かりもの」とも言われます
そうなると嫁・姑の関係は本来の人生の問題になります
赤い糸で結ばれていた二人
親に育てられた時間より夫婦でいる時間が長いのは
二人の創造のチャンスを与えられているのかも知れません

Commented by serene44 at 2016-09-19 22:58
ありがとうございますm(__)m
なるほど、本来の場所に帰る、のですね。
そして、子は預かりもの。
私たちは、パピーのように、可愛がられて信頼を学び、本来の場所に帰り、創造するお役目。
それを果たすために、出会うべき人と出会う。
そのことを肚に落とすと、足元が定まりますね。
心の言葉を、ありがとうございます。
by serene44 | 2016-09-18 23:41 | 終活 | Comments(2)

終活から始める開運道、魂の幸せを生きるために。