終活。想いを伝えるには、心で翻訳して。

「いつでもできる」そう思っていることは、なかなか実行できなくて、後で後悔する日が来て、ハッとする。
「ありがとう」
「ごめんなさい」
「許してください」
「愛してます」
今伝える。と、決めたらすぐに実行できることなんですよね。

自分の言葉で話す。
言葉に想いを乗せて伝えるには、言葉にする前に一度、その想いを内側で感じてから、外側に出すこと、とのこと。
ついつい、感じることなしに言葉に出してしまい、想いとは違う捉え方をされてしまう、という体験があると思います。

心を乗せて言葉にすることで、真意が伝わりやすくなるのだと思います。
「いつでもできる」を「今しかできない」に、脳内変換することが、「一期一会」の生き方になるのですねきっと。
終活って、武士道を思い出すこと。

あの世に行く前に、自分で全てを振り返って自己反省会をするようです。
生きているうちに、少しでもそれができるなら、振り返って自分はカッコよく生きてきただろうか?今すぐできること。
誰が知らなくても、自分が一番知ってるから。
カッコよく生きるには、カッコわるく生きることを怖れないこと、なのかも?

f0367148_06092768.jpg

昨日よりマシな自分になるために、超えるハードルは意外に低いはずなのに、いつまでも踏み出せないと、ハードルは壁になり。

昔、スキーで壁を滑り降りるとき、気持ちがすくんだらますます行けなくなるから、コワイと感じる前に踏み出していました。案外、そういうのがコツなのかもしれないですね(*^^*)

f0367148_06092874.jpg

振り返りながら、前に進む感じ。


にほんブログ村 シニア日記ブログ 終活・エンディングノートへ
にほんブログ村あなたの運勢が巻きあがりますように⤴幸運につつまれますように♡
by serene44 | 2016-10-03 05:40 | 終活 | Comments(0)

終活から始める開運道、魂の幸せを生きるために。