死ぬ準備はなかなか出来ないでいい

大切な人の死を目の当たりにしたとき
死は、すぐ隣にあるんだなと思わされる。
そう思って、自分に当てはめてみる
いつか来る遠い未来、そのとき、何を想うのだろう。

そして、大切な人にどんなふうに想われたいでしょうか?

そのために、どんな想いを胸に行動していきますか?

未来を想起しながら、今を考えると、気づかなかった軸が露わになったりすると思います。

引き寄せっていうのは、思い描く未来を想像するのではなく
未来を思い出すように想起しながら、今を生きること。

想像するのって、ちょっとしんどいですよね。
でも、思い出すように想起するのは、自分の中で当たり前みたいな感覚。

終活って、未来時間に軸を置くことで、今を活性化することだと思います。
準備は、出来なくていい。
振り返り、感謝を胸に、今の足元を確認する。

私って、いろんな要素で構成されてるんだな…
ひとり、じゃないんだ。

なんとなく、ひとりだなぁと思うこと、ありますが、それって、受けてきた感謝を忘れてる考え。
人はいろんな人に思いをいただきながら、生かされてきてる。

ふつうにできることを、ふつうにこなしながら、生きる。
なんでもないことって思うかもしれないけど、みんな違うそれぞれのお役目に差は無い。
自分の「ふつう」を生きるのがいい。

f0367148_02153218.jpg


ふつうに咲いて、ふつうに散る。
淡々としながら、熱い営み。
静かな中に潔さがある。

f0367148_02153344.jpg


散るときが、一番、心に残りますね。
散るときに抱く想いは、来世につながるそう。


にほんブログ村 シニア日記ブログ 終活・エンディングノートへ
にほんブログ村あなたの運勢が巻きあがりますように⤴幸運につつまれますように♡
[PR]
by serene44 | 2016-11-19 01:38 | 終活 | Comments(0)

終活から始める開運道、魂の幸せを生きるために。