事業計画書、書いてみました。

事業計画書、何故書いてみたのか?
たまたま、弁理士さんから何か補助金とか無いの?とのご配慮の言葉をいただいて、商工会に尋ねました。
背景の説明するのに何か作文書いてみてとのことで、簡単な事業計画書案を書き連ねてみました。

たまたま、3年程前に買った事業計画書の書き方の本があったので参考にして…
実際、書いてみると、ボンヤリしていた枠が、ちょっとタイトに方向性が見えてきた感じ。
書き出す作業は、本当に大切ですね。

ペルソナ設定してみると、、
ちょっとムリやりなストーリー展開になるし(^^;
弱いところ、明らかになるんですね…。
疑問のある箇所は、考えるきっかけにもなるので、輪郭が縁取られていく感じ。

元々、何一つ得意分野はないので、人の言葉をアドバイスとして、行動してみてます。
自分の無い頭で考えるよりも、思わぬ助言をもらったりするので、展開先はわからないなぁと思います。

普段の仕事もかなり忙しい時期に突入して、こんな深夜に寝落ちしながら書いてたり、しますが苦痛じゃなくて普通なんですね。ナゼか。
これ、熱意を持ってやりたい!って熱さでもなく、淡々と静かな感じ、、不思議です。
快適な生活をしたいとかも特に思わないし、自分の役目をこなしていけたらいいな、って、それだけ。

とにかく良いものを、それが喜びになるような、商品を待つ人に届けられるよう、注力していきます(*^^*)
まだまだ道半ば、ですが、ちょっとずつ前進。

今日は三十日詣でしてきました。会社の近所の神社に感謝詣で。
もう年末だから、今年最後の三十日詣でかな。年末年始は、二年参りになるから。
神社の空気は好き。忙中閑あり。静寂は癒し。
鳥のさえずりが、他の空間と違う喜びの重奏を奏でて、鳴き声の世界に居るような癒し。

f0367148_02311140.jpg



にほんブログ村 シニア日記ブログ 終活・エンディングノートへ
にほんブログ村あなたの運勢が巻きあがりますように⤴幸運につつまれますように♡
by serene44 | 2016-12-01 01:38 | 終活 | Comments(0)

終活から始める開運道、魂の幸せを生きるために。