感情が、残る。

振り返るとき記憶に残るのは、シーンよりも感情ではないですか?
感情の記憶にも色々あって…
ふんわりした記憶や、塊の記憶、感情の記憶には質量あると思います。

苦しい感情の記憶は、ブラックホールみたいに質量大きくて、トラウマみたいにそこに感情が戻りますね。
楽しい感情は、質量軽くて浮いてるみたいな。
楽しいけど苦しい感情は、ホワイトホールみたいにやっぱり吸い寄せられて執着になって。

体験から生まれるものは、感情。
感情は流していかないと、ずっと残るんですね。
振り返っても、置き去りになった感情ってありませんか?
流していくには、固まりを解して溶かしてやること。

その前に、その問題があることに気づくこと。
見たくない、心が耐え難いことには記憶に蓋をして無いことになって。
ネガティヴを放置して、ムリに空虚なポジティブを思っても、土台がないですね。

ネガティヴには心のクセが潜んていて、自分を開く鍵が眠っています。
心を開くと、開運しますね。
流れるから、運ばれる。
流れがスムースじゃないと、癒しはないです。
囚われます。

f0367148_02092259.jpg

感情は雲のように、無から生まれて、雨となり循環する。雨は慈雨。
涙すると、感情がゆるんで溶け出す。慈悲心がほぐす。感動が、揺らす。
調和は、固まりをマイルドにしていくことから。

人ってほっておくとネガティブに流れます。
てことは、ネガティブがふつう。
そう思うとちょっと気楽になってネガティブとつきあえませんか?
認めないことには、ブロックかかったまんま感情の塊は置き去りになるから。
闇に、光、注ぎ込む。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 終活・エンディングノートへ
にほんブログ村あなたの運勢が巻きあがりますように⤴幸運につつまれますように♡
[PR]
by serene44 | 2016-12-16 00:54 | 終活 | Comments(0)

終活から始める開運道、魂の幸せを生きるために。