砂上の楼閣は一瞬にして崩れ去る

大歳のすす払い、新らしいものを迎えるには先ず捨てることからですね。
気がついたら、要らないものを沢山くっ付けてます。
一年がそうであるなら、今迄生きてきた基礎はどうでしょう。

思考の基盤はどうでしょう?
あなたの考えは、本当にあなたの考えでしょうか?
それとも誰かの受け売りを自分の考えと勘違いしてなぞってませんか?

自らのルーツを知る。
未来を見据えて今を確固としたものにするには、ベースが大切ですね。
私たちの基盤は?誰かの嘘を刷り込まれてニセモノを信じてないか?
歴史は正しい?政治経済は都合良く洗脳されてない?

タダで流される情報は、誰が得をするか?を考えると、裏が見えてきます。
何の得にもならない、寧ろ危険な目に会うのを覚悟して権力者に不都合な情報を出す人を信頼すべき。
私たちは自らの危機管理能力さえ、骨抜きにされてます。
ホンワカ耳触りのいい情報に腑抜けにされていること気づかないと、日本は無くなります。

日本を称して14歳の少年のようだと言った外国人が居ました。
純粋たけでは、守れないのです。
危機が現実になってから気づいても遅い。
あなたの大切な人は守れない。見殺しにするのは自分です。

私たちは多くの嘘を刷り込まれて、最初は違和感があったことも慣れが脳を麻痺させ、真実にすり替わっていきます。
それは静かに進行して、繰り返し刷り込まれ、本当の真実は闇に葬られていきます。

歴史では聖徳太子のお札も無くなり、太古からあった大蔵省という名称も葬られ、幻にされていきます。
日本の神話は既にただの伝説の物語に形骸化してます。
人は、自分に遠いことは関心が薄くなります。

戦争も、遠い歴史にされて記憶から消されていきます。
私たちの生活を守るために闘い亡くなった英霊の心も忘れて置き去りにしたまま。
自分のことしか関心がなく、自分のことしか考えないから悩みは尽きず。

目先のことばかりしか見ない近視眼になって、目先の利益に追われ、情報に踊らされ、搾取されてます。
不安を煽り、購入させられる諸々のサービス。本当に必要でしょうか?
医療はその最たるものだと云うことさえ気づかないまま。
あなたの不安を取り除きます、という悪魔の囁き。

宗教もその手法で太古から支配の手段として利用されてきました。
純粋な智慧から外れ、脅しのカルトになっていきます。排除の教えに。
神道は、敵を作らない、思想のない、教えのない、惟神の道です。
私たちは、自らを忘れ、自らのルーツも手放し、砂上の楼閣を築いてきてます。

危機管理能力は削がれ、為政者に都合の良い情報を鵜呑みにさせられて、、、
本来の日本人は、肚がありました。
武士道こそ、日本人の立ち還る道です。

この動画を見ていただきたく存知ます。
数年前に訴え警告してくれていたこと、静かに潜行して、迫る現実に目を開くこと。
中国人から帰化して日本人となった石平さんの言葉はリアルです。

このことを肚に収めてください。
危機管理能力は生きる上で最も重要な能力のひとつ。自ら意識することで磨かれます。
平和はぼんやりしてたら奪われること。
闘う意志を示すことが最大の防御。
達人の真剣勝負では、構えた段階で互いの能力を計りますね。
闘う前に勝敗は決まる。

f0367148_10571588.jpg


先ずは知ること。
意識を向けること。
自ら考えること。
気骨を持つこと。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 終活・エンディングノートへ
にほんブログ村あなたの運勢が巻きあがりますように⤴幸運につつまれますように♡
[PR]
Commented by imanisis28 at 2017-01-01 23:06
過去より一国だけでなく世界全体が変化しながら時代は進んできました
それは過熱による変化のように意識全体の調整が為されているとも言えます
予断を許さない
具体的には専門家がこれからの予想をしていますが、専門家にも読み切れない
ともちんさんは日本人に強い願いを持っておられるのでしょうか?
戦国時代から江戸時代、明治から大戦参加、被爆国
敗戦から復興、日本人の過去の歴史を見ると、これからの役目を託されているように感じます
これから世界と同じように日本にも大きな試練が来るかもしれません
そしてその時その試練を超えるには未来への強い願いが伴わなければ
過去の経験も心棒も役に立ちません
今年もともちんさんの想いを伝えて行ってください。
Commented by serene44 at 2017-01-01 23:28
ありがとうございます。
本当に予断は許さない状況ですね。
そして、過去の尊い想いを残した方々に感謝なく忘れて呆けてる、こんなのは嫌なのです。
本来の私たち日本人は、賢さと許容、慈悲と心の豊かさがあるのを忘れたままに感じます。
英霊の気持ちを汲む、そういう想いをつなぐことで、より底力が発揮されるはず。
伝統はカタチではなく、カタチは変わっても、芯にある心を大切に汲み取り伝えていくことが大切と思います。
それが、日本人らしい姿、その姿に見る人は啓発されていくはず。
心が伝播していく。その役割は日本人に課せられていると感じます。
丁寧な励ましのお言葉をありがとうございます。
by serene44 | 2016-12-31 09:41 | 終活 | Comments(2)

終活から始める開運道、魂の幸せを生きるために。