愛と憎しみと慈悲

愛というのは煩悩なのです。
執着ー何かにとりつかれることは、全て煩悩
愛というのは何かの対象にとりつかれること。
愛は憎しみに変わる。

愛は裏切られると憎しみに変わる。
裏切られるとは、自分を残しているということ。
自分を残しておいて、相手を愛する。
相対的なのです。

絶対的な愛とは、自分をなくすということ。
裏切られて憎しみに変わるようなものは煩悩。
仏教では自分を残す可能性のある愛という言葉を使わずに、慈悲という言葉を使う。

ー理趣教

この宇宙で最大のパワーは「愛」です。

愛するパワーは真心の愛でありたいですね。
相手に求めるのは、愛でしょうか。
愛は、与えるもの…無償、が愛。

自分の愛に色をつけてみるなら?
神の愛を想うと、眩しく強い光が降り注ぐイメージ。

良い悪いじゃなくて、自分の愛ってどんな感じって、認識していることが大事だと思う。
苦しい愛なら?
愛じゃない。

親の愛は絶対?
親も人の子だから神の愛ではないと思う。

神ってるって言葉、う〜む…軽って思うけど、神ってるって、大事。
日本人の普通。基準が神ってるってベースだと思うから。

神ってますか?その思考、その行動、その愛は。

慈悲、慈愛は…静かで揺らぎがない。
許す心がある。

死ぬときに、煩悩が消えるわけではないですね。
生きてる間に、昇華さすには…煩悩を無くすのではなく、認識することじゃないかなって思います。
善悪ではなく、受け入れて、慈しむ。
自分を赦していく。自分に慈悲を
そこから外の全てにも慈悲が始まる。

愛を発見する第一歩は自分自身を愛することです。

f0367148_04340164.jpg

f0367148_04340183.jpg

f0367148_04340219.jpg

感謝の対義語を知る
当たり前は空気のように当たり前になってて
本来、空気が当たり前なんて、無い。
感謝ばかりなんだって気づくことが、感謝の始まり。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 終活・エンディングノートへ
にほんブログ村あなたの運勢が巻きあがりますように⤴幸運につつまれますように♡

by serene44 | 2017-01-29 03:18 | 終活 | Comments(0)

終活から始める開運道、魂の幸せを生きるために。