安易な同情は堕落させる。愛は厳しさにある。

一見、良い人ぶって親切にするのは容易いですね。
しかし、本当に相手を思い遣ってるか?
真心からの、大きな愛での行動かは、自分が一番知ってるはず。
同情は薄っぺらく、愛は厚い。

神は表面の行動ではなく、陰の行動を見てます。
死んだときに、自分の行動を振り返って見せられると言いますが…
死ななくても、生きてる間にそういうの解消できていった方が良いに決まってる。
見たくないから忘れてるかもしれないけど、潜在意識は知ってる。

本当に大切にしていくものに気づくなら、ちっさな見栄とか気にならなくなるはず。
日本人は特に、人目を気にしながら生きてると感じます。
恥の概念は大切ですが、武士道精神の恥ではなく、単なる小さな見栄になってる。

見栄は自分にフォーカスしてるだけ。
愛ではないですね。

寂しい?
これも、自分にフォーカスしてるから。
小さな行動でも、愛ある想いを放つなら、魂は深いところで必ずつながっています。
一人ではないのです。
自分のことばかり考えてると、繋がらない。

地獄では箸は長いそうです。
自分で食事できない。
人に与え合って、食べることができる。

よく、もう死にたい!
こんなのもうイヤ、死にたい!って言いますね?
それって、死んだらラクになると思ってるからですね?
死生観がお花畑すぎ。
マトモに考えたら、死にたいって思考する人が、天国のようなところに召喚される道理がない。
死にたいくらいの基準は、なんでしょう…

戦時中は、普通の暮らしさえままならず。
私たちは、少しだけ昔のそんなことも忘れて、意識から遠ざけている。
感謝が無さすぎって、思わないでしょうか。。

そして、安直に神に祈る。お願いする。
神は厳しいものです。
魂の成長を喜ぶから。
甘やかしに、成長はないから。
本当は自分の内側が知ってるはず。
私たちは本来賢いのです。
自覚して、神って生きていきましょう〜^_^

f0367148_00374906.jpg

f0367148_00375061.jpg

f0367148_00375198.jpg


聖徳太子さまのお名前が教科書から消されていきます。残念に思います。
日本の教育、戦後から特にオカシイですね。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 終活・エンディングノートへ
にほんブログ村あなたの運勢が巻きあがりますように⤴幸運につつまれますように♡


Commented by imanisis28 at 2017-03-03 23:38
時代についていけない
進歩を憧れに思うから古きものを蔑ろにする
過去の名前、伝統が大切とは思いません
しかし、過去の積み重ねで今があります
その努力に感謝が足りません
元を言えば自然(神)に対しての感謝に辿り着きます

Commented by serene44 at 2017-03-04 00:07
いつも貴重なお言葉をありがとうございます。
過去が、古いものが大切なのではなく、その真ん中にある心が大切で、感謝なく捨て忘れられていく様を見るのが耐え難いです。
感謝なくしては立ち行きませんね。
ありがとうございます。
by serene44 | 2017-02-28 23:47 | 終活 | Comments(2)

終活から始める開運道、魂の幸せを生きるために。