世間様よりお天道様

日本は和の国です。そしてムラ社会。
調和を重んじますが…
輪からはみ出ないよう、非難浴びないよう自分を抑えるのは窮屈。調和じゃない。
多様性の中で凸凹なんだけど、それぞれの役割で補い合ってるのが楽しい調和。

嫌われないよう生きたい、気にしてる相手は、好きな相手でしょうか?
世間並みにって、世間さまは漠然としてる。
そもそも、くだらない批判する人のこと、自分の中で大切な割合占めるのでしょうか?
そんなツマラナイ人たちに嫌われるのが怖い?

愛なき人に同調しても、同じレベルに堕ちるだけでは?
そんな愛なきところに意識を合わせていくよりも、孤高の自由の方がいい。
元々、人は一人がベース。馴れ合いと真の友情は別物。
大切に思える相手との縁を大事にしていく方が豊かと思います。

昔から、お天道様が見てらっしゃる、と言ったものです。
誰かに褒められるのを求めて行動するのは幼稚すぎる。
自分が、自分の心に幸せ感じる行動していくと気持ち良いですね。
心に陽が射すよう。

神さまは見て知ってる。
じゃあ、苦しいときに助けてくれないのはナゼ?
がんばってたら、助けてくれる?
…神さまは、人のレベルではないから、神なのです。

私たちが思う愛と神さまの愛は違います。
両親は愛してくれるかもしれないけど、その愛は本当の愛とちょっと違う。
親も完璧ではなく、成長の途上にあるから。
本当の愛は、魂の成長願う厳しいものです。甘やかしは、無い。

神さまに願うことはいけない?
願うことは良いのです。
ちゃんと言葉にすることで、漠然としたものから具体的になり、自分の中で行動が芽生える。
行動にならないのは、その願いが心の芯からの願いではないから、実現したい熱意が湧かないということ。

神さまに願うことは他力に見えて自力であり。自分で選択して行動すること。
委ねることは全托、信頼で、依存と真反対。
自力のみが陥り易い、傲りがなく、力みがないですね。

f0367148_15530993.jpg

f0367148_16072123.jpg

f0367148_16072192.jpg


杉原神社のメルマガでも、神さまに願いごとする仕組みを説明されてます。
以下コピペ↓

 『基本的に神様はお願いしないと助けてくれない』

 実はこのことは私の中でも長い間謎だった。『天網恢恢疎にして漏らさず(てんもうかいかいそにしてもらさず)』『お天道様はお見通し』という言葉の通り、実際に神様方はこの世あの世を含めてすべての事象をご存知である。さすれば、理不尽な因縁に苦しむ人々がいることもご承知である。しかし、神様はそれを黙ってご覧になっているだけである。人間側が対策に気づいて、それなりの手順を踏んで「お願い」しないといけないのである。
 これは『神様と人間との間に交わされた取り決め』があるからである。おそらくこれはこの世に人間が魂の修行のために生まれてくるようになるときに双方の同意に基づいて決められたものである。当然だが、神様はご自分で作られた、あるいは同意された決まり事を決して破られない。いつも、理不尽に苦しむ人々をご覧になりながら『やきもき』されているのだ。
f0367148_15531002.jpg

f0367148_15531003.jpg


言挙げと言って、言葉にして明確にすることで意識的になりハッキリします。
想いは通じるとか、ムリですね、なかなか。
お店で天丼が食べたいと想っても、うどんお願いしますと言葉にしたら、やっぱりうどんが出てくる笑。
テレパシーより言葉。

自分は何が大切なのか、何を欲してるのか、具体的に言葉にしてみることで、漠然としていたものがハッキリする。
だから、よくある書くと想いは叶いますよっていうのも理にかなってる。
書くと明確になるから。

好き嫌い、苦しいこと、なりたいこと、明確にする。
なんでもないことに囚われていたことに気づいたりして、不要なものは手放せる。
必要なものが浮かび上がる。
欲は大切なパッション!
熱意が生きるパッションです。
無欲ではなく、大きな欲でデッカく描く。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 終活・エンディングノートへ
にほんブログ村あなたの運勢が巻きあがりますように⤴幸運につつまれますように♡




Commented by imanisis28 at 2017-03-22 22:00
祈ってはいけない
願ってはいけない
何故なら、すでに良くなるように仕組んであるから
感謝あるのみ
そう教わりそう思っています
しかし、祈ってしまうもの、願ってしまうものです
ともちんさんの想いが現実に繋がることを祈っています。


Commented by serene44 at 2017-03-24 23:49
いつも神の言葉をありがとうございます。私もずっとそう思ってましたが、願ってはいけないということからも離れて軸を遊ばせるのもいいかなと感じてます。
最後は委ね、なのですが。
どんな未来が連なるのか楽しみに歩みます(*^^*)
by serene44 | 2017-03-20 15:13 | 終活 | Comments(2)

終活から始める開運道、魂の幸せを生きるために。