今日の1日が早いなら、一生も早い

気がつくとこんな歳になってた、、
って思いますが、時間は皆等しいんですよね。
人生は短い。想像するよりも。
今日1日があっと言う間に過ぎるように。

何か為し得てから死にたい?証を、形を残したい?
任期中に何か形を残したくてハコもの作って後世に憂いを残す為政者と似てますね。
立つ鳥跡を濁さず。
出来得るなら、仄かな残り香だけを残して去りたいかな。
どちらが良い悪いではないけど、死生観にはその人の美学が出ますね。

今日1日の中身、今の精一杯で、丁寧に生きているか。
神道で言う「中今」。胸の中心の感覚を大切にする。
魂の声に敏感に幸せを生きるのが本来。
なんとなく過ごす時間に癒されるなら、それはそれでいい。
こんなはずじゃなかった、と思うなら、どんなはずだったのか?

幸せであるか。
幸せになる、のではなく、幸せは気づくもの。意識の問題。
私たちは不幸を数えるのが得意。
人の粗探しをするのが得意。
与えられている幸福には目を向けず。

神さまの目線に合わせてみたら、どんなでしょう…
ちょっとあんたら舐め過ぎじゃね?ってなりませんか、、
どんだけ傲慢強欲なんよ?って。
私たちが幸せになるように魂の成長を望むはず。

それには、甘やかしの中に成長はないです。
神は厳しい愛です。
真の幸せを願うから。
今の日本人が弱い精神になったのは、戦前から比べると圧倒的に甘やかしが蔓延しているからではないでしょうか。
褒められ、大事にされるのが当たり前だと幼稚なままにオトナになり切れない。

自分のことばかり考えていると、感謝なく不幸になる。
男女の幸せはそれぞれ違いますね。
今はモテに意識向いてるけど、女がモテるのは不幸。悪縁を呼び寄せる。
昔は貞淑な女性が一番とされました。
悪縁があると良縁に結びつきません。
真に恋しく思う人に尽くすのが女性の幸せ。

そして男性は、自分を慕う女性を大切にするのが良い男。
漫画の島耕作なんかは、まさにそんなモテ男ではないでしょうか。
自分から、女を追うなんてことはしません。追われるのが良い男。

そして女は好きな男のために綺麗でいたいのが本能。
乙女心を失わないで生きるのが幸せですね。

そんな気持ちを持ちながらいけるような商品を作りました。
女性が女性らしくあるために。
やっと、意匠登録をする段階になりました。

f0367148_01135273.jpg


縁結びの神さまに参ると別れるのは、良縁ではないから。魂はそれを知っている。


にほんブログ村 シニア日記ブログ 終活・エンディングノートへ
にほんブログ村あなたの運勢が巻きあがりますように⤴幸運につつまれますように♡


[PR]
by serene44 | 2017-04-03 00:20 | 終活 | Comments(0)

終活から始める開運道、魂の幸せを生きるために。