身体にも心にも負荷が必要。日本の心のベース。

思い通りの人生が理想ですか?
全てが望み通りに行くなら幸せ?
順風満帆に憧れる?
そして、そのように見える人を羨む?

月満ちれば欠ける。。
いえ、月は常に欠けることなく球体です。
観るものが、変化させて観るだけ。

あなたは、ありのままで素晴らしいのです…
って本気でそう思ってますか⁈
ンなわけない、と思います。
まさか、ありのままで天国に行けると思ってますか?

宇宙の本質は、変化、多様であり調和。
出したものを受け取る法則が貫きます。
私たちは、生きてるだけで奪ってます。
ちょっと考えれば分かる道理。
与えることで返していかないと等価交換の法則が発動して不幸にバランス傾きます。
これ、特にスピリチュアルでもなんでもなく、当然のこと。

好き放題に生きる選択も出来ますが、末路を知ること。
死んでチャラにならないって、普通。
生きてるときに幸せな生き方してるか?
死後は不自由です。今の方が幅がある。

死後の方がめちゃカーストですね。
三千世界というように。
今の世でも、目に見えない階層があり、出会う人は、近隣の階層の人々。
しかし移動はフレキシブル。

選択の自由。
身体に負荷をかけて自己鍛錬してる人と、欲望の為せるままにしてる人。
自己を律して辛抱がベースにある人と、感情の赴くままに内省の無い人。
死んだら食べられんから好きなようにってブレーキかけない人、幸せでしょうか。

思うままにはならない人生。
こうなりたいって欲を持つなら、我欲ではなく大志を持つ。
神の視点からみて、どうかな?って俯瞰してみると、道を誤らない気がします。

ストレスは過多なら、蝕みますが、少しの負荷なら、強くします。
筋肉然り。心も同じ。危険から遠ざけ、競争もせず、ゆとりの中で安全に育った魂はひ弱ではない?
明治大正の日本人は、気骨があり立派に潔く生きたと感じます。

長寿遺伝子というものが発見されて久しいです。
長寿遺伝子が発動する環境は、飢えと寒さ、だそう。
ぬくぬくと温室育ちでは、逞しくもならず、生命体として脆弱。

キレる、という言葉が出てきたのも昨今。
心の耐性が弱いから、器が小さく、すぐに容量をはみ出るのです。
男女共に、褒め言葉は、器量好しと言いますね。
器がデカいのが、人として美しいのです。
言葉は正直。イケメンやモテ顔ってチャラい響き。上っ面。

江戸しぐさ、が今だに魅力なのは、江戸時代は日本人としての文化が成熟してたから。
環境にも、人間関係にも、調和がありました。
伸びやかな空気の中で、賢さのレベルも、人間力も豊かに、大らかな日本人本来の姿が見られたと思います。

現代は、新しい時代に合わせて?と言う名の元に、古き良き中の本質の部分まで捨て去られ、心の軸を見失っています。
頭でっかちの理屈こきでは、ハートは覆い隠され。
神への、自然への畏敬の念も無く。
これは進化と言えるのか?とは、誰もが薄々抱いてる不安と思います。

かと言って、昔に戻れ、なんていうのも極論。そのような人達もいますが、かなりヤバい雰囲気ですよねw
本質を失っては、日本人としてのアイデンティティが揺らぎます。
信念を正しく持つこと。
そして自信を復活させること。

私たちは戦後、激しく尊厳を傷つけられ、必要以上に叩きのめされた経験から、あるべき自信を失い、結果、舐められまくりです。
ちょっとヒドすぎ。自信無いから、でっち上げられ謝らされても当然と受け止め。
先祖の名誉を汚され、汚名を着せたまま自分達も攻撃して。

これでは仁義無し。
何が大切か?
守るべきは、本来持つべき誇り。
ならず者に言いたい放題されて謝りソングを歌わされ続けるのか。
仁義無き民は滅びます。
当然ではないでしょうか。

百田尚樹さんの「カエルの楽園」は全ての日本人が読むべき警告の書です。
大切に?平和ボケの中に育った私たちは客観視出来てない。
洗脳教育を受け、メディア洗脳が強化し。
奴隷に気づかない。

本来の日本人に立ち還ることが急務。
過去最大の危機であることに鈍感な私たちは、チベットを他人事に観てます。
明日は我が身です。

潜在意識を変えることと、意識改革は並行して行うのが早い。真のヘルメス学の変容は精神の業にある
あわのうた。AWA
日本の心を思い出してください。
ここに、日本の原点があります。

f0367148_03101765.jpg

田畑の仕事、職人さん、古来日本人は歌いながら仕事をし、仕事は苦役ではなく生活でした。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 終活・エンディングノートへ
にほんブログ村あなたの運勢が巻きあがりますように⤴幸運につつまれますように♡

[PR]
by serene44 | 2017-06-06 01:56 | 終活 | Comments(0)

終活から始める開運道、魂の幸せを生きるために。