とにかく知ること…地獄を回避するために

私は偉い、と思っているだけ(表面で思おうと、潜在的に思おうと)その人はそれだけ低くおちている。本当の偉い人は、偉いとも偉くないとも思わず、サラサラとしているものだ。ー五井先生

自信を持つことの意味を間違えていることが多いように思います。
文字のとおり、自分を信じる、すなわち自分の中の神性を信じ従うことではないでしょうか?
本当の自信は、誇り高く生きること、武士道に通じると思います。
エセの傲慢、エゴではない。
体感としては清らかで軽やかでサラサラしていながら畏怖を抱く強さ。

自信についてとても分かりやすく書かれている内容があります。

根深い劣等感があると真の自信を持つことは出来なく、卑屈さから恨みが増幅します。
気づいてないことが、どんどん妄想を現実にして地獄を生み撒き散らしていきます。
誰にも起こり得る、少しの"魔"の扉…地獄の三千世界は果てしないです。

京セラの稲盛和夫さんは、人に罪を作らせないシステムに心を配りました。
それだけ人は魔に落ちやすいことをご存知ゆえのご慈愛です。

人は自分の感覚を基準に相手もそうだろうと勝手に推し量り、間違えます。
想像力の欠如。これは怠惰。
相手を知り想像力を働かせることは慈愛。
日本人は特にその傾向が強いです。
それって精神年齢が低いのと同じ…
相手を知ることで自分を守る、神道で重要視する情報戦は基本中の基本。

ローマ法王がセウォル号沈没事故に対して深い哀悼の辞を送りましたが、同時にあまりにひどい状況に「韓国国民がこのセウォル号の悲劇を道徳的(倫理的)、霊的(精神的)に生まれ変わるための機会としてとらえることを望む」と発言しました。

日本には昔から「背中を見て学ぶ」という言葉があります。
日本人は朝鮮人たちに、こうした態度で接したのではないでしょうか。
しかしそれは大きな勘違いでした。
橋を架ける技術よりももっと大切な「モラル」…最も大切な「礼節」を教えることを失念してしまったとしか考えられません。

併合前の韓国…朝鮮はずっと中国の属国で李王朝が誕生した時は宗主国であった明の元号を使っており…属国であると彼ら自身が認めている文献はいくらでもあります。
併合当時に朝鮮人の文盲率は90%超えていたと言われます。
日本政府が36年間で建てた国公立学校の総数は5千近く、師範学校、帝国大学まで作りました。
禿山に植林し、荒地を開墾し灌漑を施し、ダムを作り、鉄道網の整備、電気事業を施工し、産業を工業国に変え…朝鮮人が望んだわけではありません。
こういうのを「余計なお節介」「要らぬお世話」と言います。

民族の文化や風習を破壊...
身分制度が厳しく奴隷が約3割
女性は名前は無く
戸籍を整備し人身売買も禁止
儒教思想のため「働くこと」を忌み嫌っていました。
「凌遅刑」の廃止…生きた人間の肉を少しずつ切り取り長時間にわたって苦しみを与えながら殺していくなど、これ以外にも文字にするにも憚られるような残虐な殺し方がありました。
人の排泄物を薬用として利用する民間療法は併合後に姿を消しました。

日本人の価値観で良かれと思って変えてしまったことですが、恩ではなく仇で返す霊性に一刻も早く気づくべきでした。

戦後、一部の朝鮮人たちが半島にいた日本人に対して行った鬼畜の如き所業ー殺人、強姦、暴行、略奪ーそれはもう言語に絶する残虐なものでした。
特に多くの婦女子に対して行ったむごたらしい仕打ちを、私はとても冷静に書くことは出来ません。
凄まじい暴力の数々は長らく歴史のタブーとして公に語られることはありませんでした。しかしそれらの記録は歴然と残っています。

-今こそ韓国に謝ろう 百田尚樹

私たちは自分たちの基準で推し量る思考に気づき改める必要があります。
朝鮮人が抱く日本人への恨みは、根拠のないものであっても、彼らには事実なのです。
これは双方の罪になります。
真実よりも思念する現実が事実として走ります。
過ちを増幅させた罪は無知から…無知は知ろうとする努力を怠ったこと。
彼らの思考は全く異質なのです。

百田尚樹さんの著書「カエルの楽園」と合わせて日本人必読の書と思います。

f0367148_11563411.jpg

慧眼です。
私たちは相手をよく知る必要があります。
平和ボケは罪です。
日本の危機はもう始まっていることにさえ鈍感では、国を残せません。
知ることが意識を変え、波動を変えます。

斎藤一人さんも平和ボケを警告してます。

いつ日本はチベットのようになってもオカシクナイのです。
洗国は進行中です。
そして私たちも傍観者であったように、誰も助けてはくれないのです。





これら因果の理由

国の災害と慶事は、
私たちの善行や悪行に感応して起こるのです。


ですから、私たちがみな善行をなせば風雨は季節にしたがい、悪行が多いときは穀物が実ることがありません。

このことはお経のなかに
明らかに説かれていることです。



「空海 人生の言葉」より


意識は結界を張ります。
貴重な波動が細胞レベルに、働きます。
ご自分と土地を国家を護るために

にほんブログ村 シニア日記ブログ 終活・エンディングノートへ
にほんブログ村あなたの運勢が巻きあがりますように⤴幸運につつまれますように♡
 
[PR]
by serene44 | 2017-09-24 10:02 | 終活 | Comments(0)