記憶にいつまでも残るのは薄れていく視覚情報ではなく、声などの聴覚情報ではないでしょうか?

私たちの記憶は言葉によりつくられています。
そして言葉は振動波、想いは波動であり粒子でもあることが証明されています。
何故なら全ての存在は空間により成り立っているという存在の不可思議さに行き着くから。
ロジカルに理解しても、ちょっと混乱するような事実ですね。実体が無いなんて。

私たちは今在る人も亡くなった人も記憶の中では等しく思い浮かべます。
後に続く人に残していけるのは、言葉と行動の記憶ではないでしょうか?
その生き様です。

f0367148_22522183.jpg
昭和63年の昭和天皇の御製

先に生きている人のことを先生といいます。それは年齢ではなくスピリットだと思います。
勇気を与えるような、誇りに思うような生き様を見せてくれる人は尊いです。

今から72年前、干支が6回りの酉年の9月は様々なことが起こりました。
9/17-18に西日本を襲った枕崎台風は死者・行方不明者3,756人、全半壊家屋88,037戸。
その後も大災害が続きます。
翌年には中部地方から九州までの広範囲をマグニチュード8.1の南海地震。
その翌年には台風、その翌年には福井地震と災害は次々と襲いました。

1946年の2月から先帝陛下の地方巡幸が始まりました。
1954年の北海道まで総行程3万3千キロ。
終戦は国際的には9/2ですが8/15は終戦を知らされた日です。

「堪え難きを堪え、忍び難きを忍び」の玉音放送の御言葉の意味をあまり知らないでいると思います。
f0367148_22300357.jpg
f0367148_22321049.jpg
堪え難きを堪え、は投獄や処刑のことです。忍び難きを忍び、は精神的苦痛のこと。
これは遺書でした。

私たちは多くのことを正しく知りません。
知らないのではなく、知ろうとしてない。
怠惰であり、無慈悲であり、不敬不遜につながります。

日本は「和」の国であり「大和」の国である。
ただし、和といっても今の平和主義者のように、何も考えずに平和を唱えるものではない。どちらかといえばむしろ、戦争が起こるケースを想定したうえでの「和」である。
ここでもっとも重要になるのが情報収集だ。
審神にしても同じで、膨大な諸神の情報をもとに判断を下すのである。
情報収集のあとは情報分析をして、そして外交への戦いに移るが、このときは敵の情報を混乱させるため、偽情報を流したり情報操作を行ったりもする。
このあたりの感覚は、日露戦争以後、日本から失われてしまった部分だ。

ー正統竹内文書の謎

平和ボケは罪です。
誇りを持ち、闘わずして敗北を悟らせる気概は結界になります。

行動は深層意識からの力強い意志に支えられます。
言語エネルギーを周波数として発振する試みをした結果、人体や自然環境を変容させる結果が得られたことにより、脳波学の権威である教授と七沢賢治氏が実用研究と普及活動を進められてます。

言霊(言語エネルギー)を意図的に活用するなら、天地自然と感応して現実を創造できる。
すなわち脳の高次機能の活用。
オカルトではない、全くロジカルな仕組みなのです。

聖徳太子様がつくられた大祓詞の完全な文体こそが霊力があります。
削除されている箇所、エグいです。
しかしそこが重要。
最近の様々な社会問題、ヒアリ等の害虫の問題などもここにあります。
正式な大祓詞が特別な周波数で入った動画です。
天地自然が調和の方向に変容します。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 終活・エンディングノートへ
にほんブログ村あなたの運勢が巻きあがりますように⤴幸運につつまれますように♡

 
[PR]
by serene44 | 2017-09-17 22:25 | 終活 | Comments(0)

終活から始める開運道、魂の幸せを生きるために。