ヨガ(心の平静)

人の心は一時的な感情に動かされやすい。
だからギータの各章にはヨガという表現がつけられている。
ヨガという語は、心の波立ちを克服することがいかに大切かを強調するために用いられている。

悲しみは、歓喜の一時的な欠乏であり、歓喜は一時的に悲哀が消えているだけのこと。両方とも永続しない。
霊的な方法によって得る歓喜こそ永遠である。

ではこのヨガ(心の平静)の状態はどうして得られるか。
それは神への帰依全託である。
一切の言葉、想い、行為を神に捧げ、個我意識を拭い去って神意のままに一切を受けとめ、すべての行為を神からのうながしに委ね、神の指示に従って仕事を遂行し、神のプランに従って行動することである。

ーバガヴァータ・ギータとサイババ

ヨガとは真理を知って執着を去り、心を波立てない霊的修業をいう。
心が浄らかになり、平静になると人の心に内在する天の智が顕れる…

「バガヴァート・ギータ」より

2-7 心をつくして仕事をなせ。しかし仕事の報酬を考えてはいけない。報酬のためにではなく、ひたすら仕事をなせ。

2-48 ヨガによる平静な心で、利己的欲望を持つことなく仕事を行え。行為の結果の成功によっても失敗によっても心を乱してはならない。ヨガとは泰然自若たることである。つねに変わらぬ心をいう。

3-8 行為は無為にまさる。したがって世に生き、仕事をなせ。なにもしなければ、生きているとはいえない。

3-15 浄らかな行いは「ヴェーダ」に記されている。それは不滅の言葉である。

4-24 あらゆる仕事のうちに神を見るもの、その人は神のものとなる。

4-34 自分自身を体得した者が英知を教えることができる。

6-28 浄らかな心でつねに心が調和しわれに祈る者は永遠の歓喜を得、神と冥合の無限の歓喜を得る。

7-22 ひと筋の真心でわれを崇める者、心がつねに平静で調和している者、わたしはそれらの者に、かれらのすでに持てるものをますます増やし、まだ持っていないものを与える。

9-25 神々を礼拝する者は神々にゆく。父祖を礼拝する者は父祖にゆく。低い霊を礼拝する者は低い霊にゆく。されどわたしを礼拝する者はわたしに来る。

9-30 たとえ極悪の罪人であろうとも真心こめてわたしを崇めるならば、正しい人間である。なぜならばその者は正しい意志を持ったからである。

18-58 わたしに心を集中する者、その者はわが恩寵により一切の危険を免れる。しかし自分のことを考える者、わたしの言葉に耳をかさぬ者、それらの者は滅亡する。

ーカリユガを生きる

感情を従え配下に置くとき、人生を真に生きる。
夢の中に生きるのではなく、初めて地に足をつけてリアルを生きる。
英知は外にではなく内に出会い…
人生の目的に真に出会える。
私たちは無為に時間を過ごすならあまりに人生は短く、後悔だけが残る。
神に心を合わせないで真の人生は見つからない。

f0367148_01005892.jpg

f0367148_01010703.jpg
蕾が花開きました。



にほんブログ村 シニア日記ブログ 終活・エンディングノートへ

にほんブログ村あなたの運勢が巻きあがりますように⤴幸運につつまれますように♡

[PR]
by serene44 | 2017-11-23 23:47 | 終活 | Comments(0)