死にたくない理由

初心、振り返ってみました。
「想い」の「核」は、なんだろうと思い。
ナゼそこに導かれたのか?と、遡ってみると。
その頃、いろいろ振り返ることしてたんですね。恩を感謝して、過ちを謝ること。

斎藤一人さんの言葉が記してありました。
「恩のある人に恩を感じる。たったそれだけで人間らしく生きられる。」

服部さんのブログやメルマガから考えてました。
「やりたくないことを決める」7つ書き出してあった。
「生きる意味より、死にたくない理由の方が大切」
なるほど!核心が浮かび上がる。

天職を発見するメルマガを購読し始めてました。自分の過去を振り返ることを、毎朝ぼんやり考えさせられました。

ルーツを遡り、ご先祖さまのことを知り、親戚のおじさんに会いに行ってました。
掘った仏像を見せていただいたのは、何十年ぶり。

過去にしこりが残ったままの友人に、謝ることしてました。更にモヤモヤは湧いたけど、それはそれで良かったと思えました。深い森に入らない。

友人との会話で、自分に嘘をついていたこと、友人との会話で指摘され、本音を引き出すこと、考えさせられました。このままでは自分がしんどいよと。
「カッコつけずに自分の本音を吐いてしまうこと。人の意見を気にした時点でエゴにすり替わる。まずは自分を信じること、自分を愛すること。」

お蚕さんを眺めながら、ルーツの話しをしてました。昔の日本人はナンバ歩きしてたんだよと、実際ナンバ歩きしてみたりして、普段と違う会話の時間。昭和天皇の大喪の礼での装束の話し。透明になる瞬間、見にきますか?とのお誘いから。

振り返ると、ルーツを辿ることしてたんですね。今の私って、何処から来たんだろう?何考えて過ごしてきたのかな?と、フワフワ漂ってたのかも。
自分の想いの「核」に辿り着くために。

そして、縁戚のお通夜に行った日の日記に「死装束」とメモしてあった。
そこに、辿り着いた、んだ。

f0367148_10080170.jpg

f0367148_10080331.jpg

四年前、高千穂峡に行って来ました。
日本人のルーツの源泉に触れたくて。
高千穂峡〜鵜戸神宮〜知覧へ。


にほんブログ村 シニア日記ブログ 終活・エンディングノートへ
にほんブログ村あなたの運勢が巻きあがりますように⤴幸運につつまれますように♡

[PR]
by serene44 | 2016-09-22 09:01 | 終活 | Comments(0)

人との関わりの中で、100点だなーって満足な関わりを持てたなってこと、ほぼないと思いますが、どうでしょう?
あのとき、ああ言えば良かった、ちゃんと伝えてなかった、言わなければ良かった、など。
思い返して後悔は尽きないこともありますね。

振り返って、心にチクんと痛みがあるのは、傷ついたことよりも、傷つけたことだったりしませんか?
気軽な気持ちで、傷つけてしまっていたり、あるのではないかと思います。
ナイフじゃなくても、紙でも不用意に切れたりして、「あっ‼︎」っと思っても後の祭りで。

消しゴム欲しいけど、記憶も消えないし。
忘れたくても忘れられないって、忘れたくないから忘れないんですね。
人って、宙ぶらりんな感情を残したままだと、気になるから。無意識のうちに。

そんなとき、「ドラえもんGo!」があったら…ドラえもんのナビで過去にGo↗︎…想像するのリアル感出ると思います。
今の自分なら、過去の自分に、どんな声をかけますか?

今の自分は、過去の自分より、ちょっぴりオトナになってるはず。視点も違う。
過去の自分、今より未熟で、ヨシヨシしたくなりませんか?
今の自分で感じ直してみたら、問題は無くなるかもしれないし、離れられない感情なのわかるのかもしれないし。

別れられること。別れられないこと。
別れられない感情は、ぎゅっとハグしてあげてみてください。
忘れなくていい、大切に抱きしめて。心にそっと絆創膏を貼ってあげる。

出会いは生まれるのと同様に、ノンストレスで始まること多いけど、別れは、心に引っかかること多くないですか?
引っかかりあってもいい、そのことを胸に抱きしめてあげると、少し和らぎませんか?
向き合うことできると、宙ぶらりんな感情、優しい気持ちに還るよう。

f0367148_01020016.jpg
永観堂の臥龍廊

過去に行くのって、さかのぼる…坂昇る感じ↗︎
坂を上るのはちょっとしんどいけど、視界が変わり。太陽に近くなる。
フッと息を吐いたとき、しょってた荷物が軽く感じてるかもしれない。
気づきの鍵は、軽やかな心になることから。

時間も空間も、想像することで超えられる。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 終活・エンディングノートへ
にほんブログ村あなたの運勢が巻きあがりますように⤴

[PR]
by serene44 | 2016-08-18 23:34 | 終活 | Comments(0)

終活から始める開運道、魂の幸せを生きるために。